盲目は魔法使い?盲目の人の世界の見え方を描いたアニメが素晴らしい

盲目は魔法使い?盲目の人の世界の見え方を描いたアニメが素晴らしい

盲目の人は、目から得られる情報がないぶんだけ、想像力が働き、その想像力は無限に広がるというメッセージが受け取れる作品です。

物語は、盲導犬と一緒に歩いている盲目の少女が、盗人から持っているバッグを盗まれ、盲導犬とも離れ離れになるところから始まります。

見知らぬ場所で1人ぼっちになってしまった盲目の少女は、真っ暗な世界に投げ出されたようなものです、しかしそこで少女は一本の木の棒を拾います。
そしてその棒で周りを探ることで、そこにある物体の輪郭がハッキリしてとし、真っ暗だった世界に光が灯り、少女の世界は広がっていきます。

盲目の少女にとっては、木の棒は魔法のステッキとなり、目が見えないけれども、その他の感覚によって得られる情報で世界は無限に作られる。

そして、作られる世界は、健常者の見える世界とはちょっと違う、想像力が溢れる夢のある世界なのかもしれない。
そんなポジティブな気分になれる作品です。

しかし、どうでもいいですけど、こんな幼稚園生程度の少女のバッグを盗むとか、完全にそっち系の趣味の人間じゃないですか!


1 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 51 vote, average: 4.00 out of 5 1
Loading...Loading...
動画を評価してください