マヤ暦2012年12月21日世界滅亡説をNASAが真っ向否定した動画を公開

マヤ暦2012年12月21日世界滅亡説をNASAが真っ向否定した動画を公開

2012年も終わりを迎えつつありますが、マヤ暦によると2013年を迎えることはできないそうです。

なぜなら・・・2012年12月21日に世界が滅亡するからです!!

世界滅亡説の決め手となる理由はマヤ暦のカレンダーが2012年12月21日で終わっているからとの事。
ノストラダムスの大予言で、もうこの手の煽りは飽き飽きしてますが、世界規模でこの手の噂が広まっています。
陰謀説やら滅亡説やら世界の皆好きなんですね。

そんな世界で広がっているマヤ暦滅亡説について、NASAが公式に世界滅亡説否定動画を公開しましたので紹介します。

と言っても英語なので、なにが何やらわからないという人のために、ポイントを要約しますと以下のとおりです。

1.マヤのカレンダーが2012年12月21日で終わっているのは、世界の終わりを意味しているのでは無く、マヤ暦での新しいサイクルが始まることを意味している。

2.考古学者がマヤ文明時でのルーン文字、平板、立石を調査したが、世界の終わりを予言する内容は一切無かった。

3.隕石や惑星の衝突する可能性も否定、理由は世界が消滅するほどの隕石が落ちるのなら、現状で肉眼でも確認できる。

4.太陽嵐にほる滅亡も否定。理由は、地球誕生から存在する太陽嵐の影響での滅亡の危機は今まで無く、太陽の活動サイクル11年のうち、今のサイクルは過去50年で最も弱い。


そんな感じで取り敢えず世界滅亡の危機はありえないそうです。

ちなみにこの動画のタイトルは「Why the World Didn’t End Yesterday」(なぜ世界は昨日終わらなかったのか)
滅亡説の翌日2012年12月22日にこの動画を見る事ができれば昨日世界は滅亡していない、ほら言ったとおりでしょ。と言ったニュアンスのタイトル、センスを感じます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください