【山梨県人必見】これが真の実力!?山梨でアニメ関連イベントを開いた結果・・・

【山梨県人必見】これが真の実力!?山梨でアニメ関連イベントを開いた結果・・・

運営側「我が国における「クールジャパン」戦略が本格化してきました。」

(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン.

運営側「クールジャパンというのはアニメ・マンガ・ゲームといった日本のコンテンツ産業、
または日本のコンテンツ産業が海外で高い評価を受けている現象を示します。」

(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン.

運営側「国内においても「クールジャパン」戦略を支えるサブカルチャーは多くの若者に支持されており、
経済的な面においてもアニメ商品の売り上げが約6兆円、
特撮番組のキャラクター商品の売り上げが約1600億円となっており、
観光面においても作品の舞台になった場所、いわゆる「聖地」が観光・集客の目的となっています。」

(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン.

運営側「このような流れをうけて、山梨県における「クールジャパン」戦略の推進のため、
併せてサブカルチャーの発展のため、「COOL JAPAN YAMANASHI 2013」を企画いたしました。
県内の企業出展による展示会としては初の試みとなる「キャラクターコンテンツ」に特化した出展と
サブカルチャーにおける山梨県内の大先輩らの功績を紹介するとともに、
アニメ・特撮などのコンテンツを新旧織り交ぜて広く紹介していきます。」

(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)(゚▽゚)(。_。)ウンウン.ウンウン.ウンウン.


■COOL JAPAN YAMANASHI 2013 実行委員会■
実行委員長:前澤 哲爾(山梨県立大学 国際政策学部 国際コミュニケーション学科 教授)
副実行委員長:小菅 健一(山梨英和大学 人間文化学部 人間文化学科 教授)
実行委員:大木  政(甲府市観光協会 会長) 加藤 房明(山梨県地場産業センター 専務理事) 
      浅川  貴(湯村温泉旅館協同組合 理事長) 武井  進(山梨毎日広告社 社長)
      玉川眞奈美(株式会社インフィ二バリュー 代表取締役社長)


その結果・・・

[「COOL JAPAN YAMANASHI 2013」& 「ウルトラマンタロウショー 」レポ]

(TдT)


■イベントの来客数:初日が約300人、2日目が約200人の計500人強
※会場となったアイメッセ山梨は同県で最大級のイベント会場

エェェ(´Д`)ェェエ

少なすぎっ!!


■アクセス
公共交通機関での来場ができず、時間未定の有料シャトルバスのみ(往復900円の距離)

■出店した店舗の数:一桁台

ショボーン(´・ω・`)

■入退場係
シルバー人材センターから派遣されたお年寄り5人
※休憩、交代要員なし、弁当支給なし (´・ω・) カワイソス

■本部・案内所
なし(出展企業の人が手伝った模様)

■タイムテーブル掲示
なし 

(「・_・ )(「・_・)キョロキョロ

■現場配布フライヤー
なし

(「・_・)ドコ?

■案内放送
なし

o(゜д゜=゜д゜)o

■コスプレ受付コーナー
二日目委託先がドタキャン

■公式ツイッターの発言
「山梨は保守的」「地方都市には早すぎた」

■白石涼子さん
「会場控え室にいるんだけど…人の気配がない(笑)
この場所がだだっ広いっていうのもあるんだけど。お客様…いらっしゃってるかなぁ…(^.^)」

■運営側の声(非公式)

「やると言った人間が殆ど直前で降りたり、金出すと言った人間が同じく降りたり、
手伝うと言った人間が手伝わなかったりばかりでした。」
「この企画に対して話を持って来た連中が嘘つきと日和見さんばかりだったと思います。」

・当初お願いしてご了承頂いた別の人物→急病による変更
・山梨県の経済界→反応は鈍く、資金繰りに事欠く
・直前まで「協力するから」と言って下さっていた方→急に「協力出来なくなった」
・本来受付業務などは学生ボランティア→大学側「そんな義理はない」
・自衛隊→一月前に諸事情でキャンセル
・出演者→キャンセル
・出展者→日和見
・顧問からの紹介による大手クリエイター企業→「聞いてない」
・電通関係者→
「山梨についてはこれで良いという正解がない、チラシが早く配布出来たから沢山お客様が来る?
テレビCM入れたらお客さんくる?いやいや、結局興味をそそるものが無いということですよ。」
「東京のアレは庵野秀明だから入館があったのであって、うんぬん。」

(´_`)


アイメッセ山梨は延べ床面積9,945m2の大型施設なので収容人数は5,000人以上はいける規模(?)、
そうなるとこの動画のスカスカ具合は納得ですね。

[クールジャパン山梨2013ですが…]

うーん、それにしても出展企業の方も運営の方もそれぞれの立場でお怒りがありそうですね。
そしてどうしようもならない中でも一生懸命やられたのではないでしょうか。
怒りがある=納得できないながらも尽力した方たちなのかなぁと。

結果は大失敗、多くの方が怒り、悲しんだのかもしれませんが、
少ないながらも会場に来た子供たちの中には楽しんだ子もいたでしょうし、
いつか何かが花開くということになってほしいなぁと願います。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください