全く流行らない名古屋の歌「名古屋はええよ!やっとかめ」が今面白い

全く流行らない名古屋の歌「名古屋はええよ!やっとかめ」が今面白い

これほどまで名古屋について語られた歌は今まで無かったでしょう。そしてこれからも無いでしょう。
それくらいこの歌では名古屋が熱く語られています。

その曲は「名古屋はええよ!やっとかめ」という名前で、27年前の1985年に発売されました。

27年前の歌を何故今更という感じですが、実はこの曲、発売当初は認知度が低く、愛知県民でも知らない人がいるほどのダダ滑りっぷり。
ご当地ソングを狙ったようですが、まったく相手にされずに長い間埋もれていました。

そんな駄曲の「名古屋はええよ!やっとかめ」ですが、その面白い歌詞とインパクトでネットの普及とともに知名度を上げ、動画サイトに投稿されると再生回数を伸ばし、『中井正広のブラックバラエティ』でも紹介されたりと着実に知名度を伸ばしているのです。


東京と大阪を挑発。
そして首都直下型地震で将来の首都は名古屋に移るという不謹慎なにくそな力強い歌詞。
時代を考えたとしても結構攻めてますね(笑)

しかしマヤの世界滅亡説についてマヤ文明事情通アメリカ人が名古屋は名古屋だけが安全生き残る!と言ったりと名古屋はまだまだわかりません。

27年前の曲ですが未だに首都は東京のまま・・・果たして名古屋が首都になることはあり得るのでしょうか!!!!


ところで・・・メルサってなに?


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください