【神VS髪】話題のドラゴンボール芸人のラップとハゲラップ

【神VS髪】話題のドラゴンボール芸人のラップとハゲラップ

オレはナメック生まれっ ユンザビット育ちっ

緑の奴は大体友達っ


ここいいですねwこの動画はDragon AshのGrateful Daysをアレンジした曲調で、べジータ芸人でお馴染のR藤本さんやフリーザものまねのBAN BAN BAN 山本さんなどがドラゴンボールのストーリーに関連する場面をリズムに乗せてラップしています。

さすが芸人さんたち、ただの歌ってみた的なものではなく、しっかり韻を踏むところは踏んで、ドラゴンボールを見たことがある人ならクスッとしてしまう内容となっています。懐かしさもあって、もう一度マンガを読んでみたくなってきてしまいました。

なお、まとめサイトで取り上げられている動画の方ではヤムチャとフリーザの配役が間違っていてよく見ると、出会い系の宣伝の人がコピーしてあげた動画のようですね。正確なクレジットはこちらのようです。

ラップ:R藤本(ベジータ)、ピッコロ(渡部一丁)、フリーザ(BAN BAN BAN 山本)
歌:ヤムチャ(バード238)
作詞:R藤本(ベジータ)
作曲:しっかりとした卍
映像:竹川尚志


[Battleful Days【FullHD版】]

次のラップはオンバトなどで活躍をしていたピン芸人ユリオカ超特Qさんのハゲラップです。登場する人物はカツラボクサーとして一世を風靡した小口雅之さんで、ボクシング史に残るハプニングを起こしたハゲの方ですね。

知らない方にご説明を致しますと、小口雅之さんはかつらをかぶって試合に登場したことで、ハゲしい動きにかつらが耐えられずパンチの度にフサフサと浮き上がり、試合途中から会場中を巻き込んだ伝説のハゲ試合を行った選手です。小口選手はこの試合に勝利していますが、相手の選手は試合後「集中できなかった」と漏らしています。

ハゲ芸人として定評のあるユリオカ超特Qさんご自身がハゲているだけに、内容はシビアな現実と包み隠さぬハゲの苦悩がつづられる、ハゲがハゲのために送るハゲラップとなっています。まさに髪動画ですね。

ハゲラップの歌詞にある「ハゲてる奴は だいたい友達」とピッコロの「緑の奴は だいたい友達」がかぶってしまって笑ってしまいました。

※はげはげいっていますが、決してハゲをディスっているわけではありません、念のため。


『HAGE=RAP ~ハゲ革命★始まりの合図~』
ラップ:ユリオカ超特Q
作詞:マキナオト


[ハゲラップPV カツラボクサー出演 ユリオカ超特Q]



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください