【タックル動画】U18世界野球選手権で日本の捕手が米国のタックル2連発をくらい病院送り

【タックル動画】U18世界野球選手権で日本の捕手が米国のタックル2連発をくらい病院送り
ごめんなさい動画が削除されてしまったので新しい動画を探し中です。
生きている動画を見つけた際は連絡くれると嬉しいです。

これが本場の野球か!!
日本の野球とは本質が違うんだね。

U18世界野球選手権2次ラウンド日本対米国で、日本の捕手・森くんがアメリカ流の本場のタックルを2発もらって病院送りになりました。

問題の内容とは、日本がリードしていた7回、無死二、三塁から一ゴロで183cm・82Kgの三塁走者マグワイヤが本塁に突入。
明らかにアウトのタイミングですが、そこは本場の選手です。そのままスピードを緩める事なく、170cm・78Kgという小柄な森くんに体当たりをしたのです。
体当たりされた森くんはボールを離さずに見事アウトを取りましたが、グラウンドに倒れこんだまま。監督やコーチがすぐさま駆け寄りますが、かなりのダメージのようで応急処置をうけてなんとか試合を再開します。

しかし、アメリカの猛攻は止まらず、さらに1死一、二塁の状況で今度は192cm・94Kgの大男アブレイユ再び森くんへ強烈タックルをブチかますのです。
流石にこれには森くんは耐えられずにボールを落としてしまい得点が入ると、小倉監督は審判に猛抗議。
そして、このプレーでアメリカが逆転するとそのままアメリカペースで逆転負け。
小倉監督は森くんの3度目の接触から守るために怪しいタイミングでの本塁への返球をしないように指示をしていたとか。。

そして森くんは試合後病院送りになり、小倉監督は試合後に「ルールが日本の野球と違うといえば違うけど、あれではケガをしてしまう。ルールをつくってくれないと、あれじゃ死んじゃいますよ」と発言。
これに対してはネット上では意見が別れて

「アメリカは卑怯だ」
「プロじゃないんだからやり過ぎ」
「ルールをかえるべき」
「野蛮過ぎる」
「舐められてる、やり返せよ!」

などの否定的意見から

「ルールでは問題無いのに当たり負けするからルール変更してくれとか馬鹿過ぎ」
「日本人が弱いだけだろ」
「そんな甘い考えだから国際大会でカモにされるんだろ」
「むしろこのぶつかりが楽しいだが」
「バックホーム禁止にした指揮官がクズ過ぎる」
「そもそも走塁線を完全に塞いでたらそらタックルされるわ・・・」

という厳しい意見まで、様々な意見が出ています。

難しい問題ですが、
アメリカのスポーツですし、いくら日本が抗議してもルールが変更する事なんて無さそうなので、元々こういうスポーツと言う事で割りきって対応するしかなさそうですね。

それにしても森くん大丈夫かしら。。


U18世界野球選手権で日本の捕手が米国のタックル2連発をくらい病院送り

おまけ メジャーの激しすぎるクロスプレー

おまけ 韓国選手が自分からデッドボールをもらいにいく


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください