超人老人おじいちゃん。お年寄りがストリートバスケに参加した結果・・・

超人老人おじいちゃん。お年寄りがストリートバスケに参加した結果・・・


冒頭、最近の若者に対して小言をいうような感じのおじいちゃん。
甥っ子のバスケについてきて、ベンチで観戦しています。

途中、プレイヤーがけがで欠け、人数が足りなくなったため、
急きょコートに立つことになりました。

ざわざわしますw

「おじいちゃん入れてどうすんだよ?」そんな感じ。

さて、実際にプレーしてみると・・・

案の定足を引っ張ります。

「カモーン、じじぃ」みたいな。

すると・・・

だんだんおじいちゃん動きがキレキレになってきます。

観戦していた女の子たちがざわつきます。

あれ?なにこれ?超人老人バスケおじいちゃん??

超絶プレーを披露していき、対戦相手も何かがおかしいと気付き始めます。

そうなんです、このおじいちゃんはオールスターにも選出されたことのある
正真正銘のプロバスケットボールプレイヤー、カイリー・アービング(Kyrie Irving)なんです。
いや~だまされましたw見た目で人を判断してはいけないってことですねww


[Pepsi MAX & Kyrie Irving Present: “Uncle Drew”]


第2話もまた小芝居から始まりますw

ドリューおじいちゃん(カイリー・アービング)は今度は古い仲間を連れて
バスケの試合に参加します。前回同様ざわざわしますw

ところが今度連れてきたおじいちゃんも途中からキレキレになりますww
そうなんです、この人もNBAの選手でリバウンド王のケビン・ラブ(Kevin Love)だったんです。
いや~豪華な組み合わせですね、ゴール下での動き、ダンクを決める姿かっこいい。


[Pepsi MAX & Kyrie Irving Present: “Uncle Drew: Chapter 2″]


第3話はシカゴのJAZZクラブから小芝居がはじまりますw

JAZZクラブで昔の仲間と出会い、ドリューおじいちゃんがチームに誘います。
うん、もうわかってますよ、このおじいちゃんもすごいんでしょうww
おっ、と今回はおばあちゃんも登場です、この人ももしや・・・いやまさかw

そして、お約束通りバスケをしに行きます。
いや~お約束どおりですが、今回のJAZZおじいちゃんもキレキレに。

それもそのはず、彼は2006年のスラムダンクコンテストでは、
元スラムダンク王のスパッド・ウェブを飛び越えてダンクを決めた超人、
ネイト・ロビンソン(Nate Robinson)だったんです。

そしてさらに乱入してきたおばあちゃん、
彼女はWNBAの選手のマヤ・ムーア(Maya Moore)です。

ムーアは女性で初めてジョーダンブランドの一員となった選手です。
ただのおばあちゃんだと思ったらすごい選手でしたw


[Pepsi MAX & Kyrie Irving Present: “Uncle Drew: Chapter 3″]


いや~最初の、なめた感じというか場違いな空気を読めない老人を
ちょっと冷めた目で見る若者がコテンパンにされて、
観衆が沸いて行くところはなんだか爽快ですねw

実際にこんな場面に出くわしてみたいなぁw



1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください