【動画あり】W杯開幕戦の西村主審の誤審騒動、フレッジの肩にロブレンの手が・・・

【動画あり】W杯開幕戦の西村主審の誤審騒動、フレッジの肩にロブレンの手が・・・

世界中が注目したブラジルW杯が開幕しました。開幕戦は開催国ブラジルとヨーロッパ予選を勝ち抜いた東欧のブラジルとも評されるクロアチアの一戦。結果は下馬評通りの実力をみせたブラジルが、10番ネイマールの2得点などを含むゴールにより、3-1でクロアチアを打ち破りました。

さて、そのネイマールのが決めたブラジルの2点目が大きく注目されています。1-1の場面でのネイマールの得点はPKによるものでした。このPKのジャッジをめぐりクロアチアの選手・監督が主審を務めた西村氏を猛批判しています。

問題のシーンはというと、パスを受けて振り返りざまの反転シュートの体制に入ったブラジルのフレッジが、ペナルティエリアでクロアチアのロブレンに肩を掴まれて倒され、西村主審がPKの判定を下したところです。動画でみるとわかりますが、ロブレンの手は確かにフレッジの肩にかかっています。しかし、それはPKを与えるほどの悪質なものではなくファールではないというのがクロアチアの主張です。

サッカーをやっていた人なら、守備側の選手が攻撃側の選手をある程度、手でつかむ、抑え込むことは大いにあることだとわかっているかと思います。そしてフレッジがファールをもらいにいっているように見えることも。

クロアチア代表のコヴァチ監督は「もし、あれがペナルティだというのなら、バスケットボールをしろということか。そこではペナルティを取られるような反則だからね」と批判し、「恥ずべきことだが、ワールドカップの審判ではない。彼は我々に対するものと、相手に対する基準を持っていた。ルールが同じではなかった」と主張しています。

誤審があるかないかでいえば、審判も人間なので間違うこともあります。また、審判を欺こうとする選手もいます。そして、審判は事前に選手たちに公平な基準を伝えるために、「つかむとファールを取るよ」と口頭で警告することもあります。今回のケースは誤審かどうかを判断するのはクロアチアの選手でもブラジルの選手でも観客でもありません。必要であればFIFAが調査を行うでしょう。

ただ、ファールを与えたクロアチアのロブレン選手は、自分の感覚で手をかけても問題ないと判断していたとしたらそれは間違いだし、またPKとなり得るエリアでファールを取られる危険性のあるプレーを、たとえ必要(激しく行かないとゴールを割られていた可能性がある)だったとしても不用意に行ったことは間違いであった言えるでしょう。(開幕戦なので、今大会のジャッジの基準がはっきり見えていないことも不運でした)

この動画をみて、これが西村主審の誤審か、適切なジャッジかサッカーファンの間で議論して盛り上がるのも四年に一度のW杯のまた違った楽しみ方かもしれません。それにしても審判は本当にメンタルの強さが要求されるタフな仕事だなぁというのは間違いないですね。


[Brasil VS Croacia, FALSO PENAL]


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars 0
Loading...Loading...
動画を評価してください